貴腐ワインなどデザートワインをお探しならこちらへ→ 貴腐ワイン・甘口ワイン通販
ワイン通販のポータルサイト→お酒の市場

これをmixiで流行らせよう!!→暗号ジェネレータ

おすすめSEO対策!!
自動リンクネットワーク

登録するだけで約40の被リンクをゲット! この私が開発したシステムです!!(笑)
読めばこのシステムに納得してもらえるものと思ってます。ぜひ登録してください。


↑こちらも自分で作りました。よろしければ登録してください。



スポンサーサイト

 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | スポンサー広告

1Q84 読みました

 2009.11.18 Wed
村上春樹の1Q84をようやく読み終わりました。

なんというか、相変わらずの村上春樹の本ですね。
どの本を読んでも一貫した感じはあるのですがどれもあやふや。
何を表現したいのか、何が面白いのかあんまりわからない。
内容自体も2冊に分けて出すほどのもの?

なんか無駄が多すぎる気が、、、という印象ですが、さらに続編もあるらしいのでこの辺は何ともといったところですね。

これの本を読んで思い浮かべた本は「リプレイ」。
過去を繰り返し表現した後にどんでんがえしで未来を表現した傑作です。
そういえば、天吾が書いている小説も過去を書き換えるというお話ですね。
また、過去と未来に関して同じような対比としては悪と正義の話が出てきましたが、私には、過去を強調して、未来を表現しようとしているように思います。
BOOK2の最後の方で天吾がようやく未来に目を向けます。

この後どうなるのでしょうか。
とりあえず、「発射されていない拳銃」ばかりなのではやく続きだしてください。

ちなみに、感想サイトを少し見たのですが、↓のサイトがすごいよくまとめられていました。
村上春樹の本よく読んでるなぁっていう感じです。
http://robart-robarts.blogspot.com/2009/05/q.html

ちなみに、私は「ねじまき鳥」は読んでいないんですけどw
スポンサーサイト

22:06:25 | 本・その他雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://zereru.blog10.fc2.com/tb.php/704-5bd11241
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。