FC2ブログ

貴腐ワインなどデザートワインをお探しならこちらへ→ 貴腐ワイン・甘口ワイン通販
ワイン通販のポータルサイト→お酒の市場

これをmixiで流行らせよう!!→暗号ジェネレータ

おすすめSEO対策!!
自動リンクネットワーク

登録するだけで約40の被リンクをゲット! この私が開発したシステムです!!(笑)
読めばこのシステムに納得してもらえるものと思ってます。ぜひ登録してください。


↑こちらも自分で作りました。よろしければ登録してください。



スポンサーサイト

 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--:-- | スポンサー広告

SUA,SFU

 2010.10.27 Wed
お仕事でSUA(Subsystem for Unix Application)を使う機会があったのですが、その開発メモです。

SUAはWindowsのunixエミュレータ的存在で、windows上でシェルが動かせます。
でも、問題も多々あります。

まずはファイルのアクセス権の問題。
通常のWindows上での操作ではファイルを新規に作成した場合、administratorsフルアクセスの権限がつきます。
しかし、SUAでの操作ではadministrator。
というわけで、SUA上で作成したファイルを、他のプログラム(administratorsで動くプログラム)から編集できないという問題が発生。
そのほか、cpの-pオプションが使えなかったり(権限のコピーでエラーが起きてるっぽい)、
また、サブシェルの問題として、solarisのkshのときでは問題となっていなかったwhileループの箇所で、
ループ内の変数が外で見えないという問題が発生。
どうやら、solarisのbshでも発生する問題らしい。(kshでは回避出来ている)
で、SUAで再発してしまったと。


exec 9<&0 < /etc/passwd
while read line
do
# $line に対して何かする。
foo=bletch
done
# 標準入力をファイル記述子9の複製にする。つまり、標準入力を
# もとの標準入力に接続し直す; その後、ファイル記述子9を
# クローズする。
exec 0<&9 9<&-

とりあえず、という方法で解決ができるよう。


http://blog.goo.ne.jp/cars-kitahefu/e/4190a337427d7a8cfcb5a62f515c6936
http://www.nurs.or.jp/~asada/FAQ/UNIX/section3.8.html

ちなみに、権限の問題は、入出力するフォルダにEvryoneフルアクセスすることで回避出来ました。
あとumaskを000に設定。
ftpも-tのタイムアウトオプションも使えなかったですね。



ボックスLinux。
省エネですし手軽に遊べるサーバになりますね。
スポンサーサイト

23:09:56 | 未分類 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://zereru.blog10.fc2.com/tb.php/770-3dbbea3e
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。